水の安全を守る水道工事

水の安全を守る水道工事 生活をする上で欠かせないのが水です。生きていくために飲み水は欠かせませんし、お風呂やトイレ、炊事など様々なシーンで水を使っています。水道局の発表によると、一人あたり一日に家庭で使っている水の平均使用量は約200リットルとなっており、2リットルのペットボトルで換算すると、一日に100本も必要な計算になります。飲み水以外にも大量の水を使用する上で、とても大切なライフラインとなっているのが、水道です。私達は普段、カランをひねる、レバーを引くなどの動作をするだけで、安心して飲用できる清潔な水を使用することができます。しかし、当たり前に毎日使っている水道も、時として問題に発展するケースがあります。それが水が漏れる、水が止まらないなどの問題です。

■キッチンの水漏れはなぜ起こる?

各家庭に一つは設置してあるのが、キッチンです。システムキッチンの普及や様々な便利家電の普及によって、非常に使い勝手がよく、毎日家族の食事を作ったり、食器などを清潔に洗ったりすることができます。キッチンで作業をするのが趣味になっている人も少なくないのではないでしょうか。キッチンでは、調理や食器の洗浄などでたくさんの水を使用します。カランをひねると水だけでなく、お湯が出てくる機能も持っています。ですが、水を使うからこそ、どうしても問題となるのがカランや配管、そこにつながる排水溝などの水に関するトラブルです。原因の多くは部品の劣化であり、この他には排水管に油汚れやゴミなどが詰まっていることもあります。キッチンはダイニングやリビングなどに直結していることもあり、トラブルを放置するとキッチン以外にも被害が広がてしまうことから、ちょっとした問題も見過ごさずに、工事を依頼して解消するようにしましょう。

■トイレの水がいつまで経っても止まらない
排泄のためにトイレを使用して、水を流したときに、いつまで経っても水が止まらないのを見たことがあるという人もいるのではないでしょうか。これはトイレタンクに問題が起こっており、トイレ 水漏れなどの問題の中でも原因の多くを占めています。排泄物を流すために給水された清潔な水が流れっぱなしになっているだけなので、そのままにしている人もいますが、その分水道料金も加算されていくことから、できるだけ早く工事を依頼するようにしましょう。この他にもトイレでは、排水管に何か異物が詰まっているなどの問題が起こることもあります。トイレの水の問題は、汚物を扱う場所でもあることから被害が大きくなる傾向にあるため、早急な対処が必要です。

■カランの水漏れは意外と簡単に直せる

水道によって供給された水を一時的に止めて、必要な時に出すことができる蛇口はカランとも呼ばれています。カランは水を出すための装置ではなく、供給され続けている水を止めておくための装置であることから、カラン自体に不具合が生じてしまうと、水がポタポタと出続けてしまったり、勢いよく噴き出してしまうこともあります。カランのトラブルに関する修理は比較的簡単にできることも多く、自分で部品や工具などを揃えて直すことができます。特殊な部品や本体の場合は、メーカーに問い合わせて取り寄せることもできます。

■まとめ
現代の日本では、家庭や学校などで水道を使うことができる割合は9割を超えており、日本に住んでいる人のほとんどが水道を使うことができるようになっています。便利に使うことができるのが、水道ですが問題が生じると様々な影響を与えてしまいます。万が一に備えて工事業者を探しておく、水道の仕組みなどを理解しておくなど、ある程度準備をしておくことで慌てずに対処することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース