水道の蛇口の工事は自分でもできる?

蛇口は、貯水池や浄水場から供給される水道の流れを制御する調節装置であり、水を出しているのではなく、運ばれてきている水を止めている装置です。一般的には10年前後で耐用年数を迎えてしまいます。部品が劣化してしまうので、水漏れなどが発生する可能性があります。キッチンや洗面所、バスルームなどに設置されている蛇口から水が流れているのを見たことがあるという人もいるでしょう。そんなに水が流れていないことから放置してしまう人もいますが、早めに修理をしましょう。

■蛇口の形状と種類

蛇口はシンク台などについている場合と、場所によっては壁に直接取り付けられている場合があります。台についているタイプは、水の管とお湯の管の配置の違いによって、穴が一つもしくは穴が二つのものにわかれています。壁に直接ついているタイプは壁付き混合水栓と単水栓にわかれ、水しか出ないものは単水栓、水とお湯が出るものは混合水栓です。古い蛇口と取り替える新しい蛇口は、同じ形状のものでなければ交換することはできません。


■取り替え工事をする際は必ず止水栓を締める

蛇口 交換など、なんとなく難しいような気がして、業者に依頼しなければと思う人もいますが、水道修理業者でなくても意外と簡単に作業を行うことができます。まず最初にもともと使っていた蛇口の種類を確認しましょう。そして蛇口を取り替える際は必ず止水栓を締めて、水が出ないことを確認してから作業を始めます。キッチンのシンクや洗面所、お風呂など水を使用する場所には、必ず止水栓があり、例えば、キッチンシンクの場合はシンクの下の排水管のところにあることが多いです。

■まとめ
蛇口の水漏れは、清潔な水が常に流れ続けてしまいますし、放置すると突然水が噴き出すなどのトラブルに発展することもあります。蛇口の交換は簡単に行うことができますが、蛇口の種類や工事をする前の準備などはしっかり行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ