トイレの水道工事が必要になる過度な節水

水は大切な資源であることから、日常生活の中でもできるだけ水を使いすぎないようにしているという人は多いです。確かに大切なことですが、中には過度な節水を行っている人もいるのではないでしょうか。節水をすることで水を大切にすることができますし、水道料金の節約にもなります。しかし、過度な節水はトイレの交換が必要になるなど、工事が必要な問題が生じてしまう恐れもあることから、注意が必要です。

■節水のしすぎでトイレが壊れる?

トイレの水を節約しすぎてしまうと、トイレが詰まってしまいます。タンクについているレバーは大と小に応じて水の使用量を調整することができ、この水の量は便器の形状に適した水量が設計されています。トイレタンクの中に節水グッズを入れて水量を節約すると、1度に使用する水の量を減らすことができますが、設計された水量を下回ってしまうとトイレの排水管が詰まる可能性が高くなってしまいます。汚物などの排泄物は残ったままで、水だけは流れてしまうことから、排水管の部分で汚物が引っかかってしまい、自力で解決できずに、工事を業者に依頼しなければならなくなってしまうのです。

■使用する水が減ってしまうと洗浄の力が弱くなる

近年は、光熱費の節約を目的としたエコな節水型のトイレが普及していますが、こういったトイレは少ない水の量でも汚物を流すことができるように、考えて作られています。通常のトイレの場合は、水が少ない状態が想定されていないことから、ふとしたときに詰まりを起こして、逆流するなど深刻な被害につながる可能性があります。節約している人は、節約が原因になっているとは気づかないものです。

■まとめ
光熱費の節約、エコな生活などは、近年大きく注目されている分野です。しかし、過度な水道料金の節約をすることで、逆にトラブルを引き起こしてしまい、高額な修理代が発生する可能性もあることから、節約はほどほどに行うようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ