トイレの水道工事はウォシュレットがあると複雑?

日本のトイレに関連する技術は、世界で評価されているものです。世界のトイレ事情を見てみると、日本人にはなかなか受け入れることができない事情のトイレも多く存在します。海外旅行に行くと、旅先のトイレ事情に驚いた経験があるという人も多いのではないでしょうか。そんな日本のトイレは多機能であることから、海外でも日本製のトイレが広く普及しています。普段当たり前に、日本製のクオリティのトイレを利用しているとウォシュレットなどの機能も当たり前に使用しています。ではウォシュレットがついていることによって、万が一トラブルが起こった際は工事なども複雑になってしまうのでしょうか。

■温水洗浄便座がウォシュレットと呼ばれている

もともとウォシュレットとは大手トイレメーカーの商標です。ですが温水洗浄便座が広く普及していることから、他のメーカーの温水洗浄便座も同じようにウォシュレットと呼ばれることが多いです。日本の温水洗浄便座の普及率は、非常に高く一般家庭でも80%を超えていると言われています。清潔意識が高まっている近年では、特に普及しているアイテムといえるでしょう。


■経年劣化によって起こるウォシュレットの水漏れ

ウォシュレットも長期間使い続けていると、水道水などの水漏れが起こることがあります。本体と給水ホースのつなぎ目やノズル、給水フィルターなどで起こりやすく、放置すると簡単な修理では済まなくなることも多いです。また、水道水が床などに浸水することもあるので、カビの原因になってしまいます。ウィシュレットがついているからと言って、複雑な工事はなく、部品の取り替えなどを行うだけで初期段階であれば直すことができるので対処しましょう。


■まとめ
トイレについているウォシュレットは非常に便利な機能であり、清潔を保つのに欠かせないアイテムとなっています。ただしウォシュレット 水漏れは場合によっては被害が大きくなることがあるので注意しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ